糖尿病 原因 食事 病院 口コミ・体験談
奥園さんの料理レシピ(ひじきご飯)・・・血糖値上昇・糖尿病予防の料理レシピ

糖尿病の料理レシピで、オススメの情報です!

「たけしの本当は怖い家庭の医学」(11/25放送)で、料理研究家の奥園さんが、「血糖値を上げない料理のレシピ」・「糖尿病を予防する料理のレシピ」として、番組内で「ひじきご飯」を実演で作って紹介してくれてました。

ご自身の事を「ナマクラ流ズボラ派」 (^^;;; と呼ぶ奥園さんですが、ユニークでありながらも、主婦らしい実用的であって細やかな心配りの届いた料理には、ちょっと感動を覚えます!

糖尿病の料理レシピとしてオススメの、「たけしの本当は怖い家庭の医学」番組内で紹介された「ひじきご飯」の材料とカロリーを紹介します。

[★]マークが「水溶性食物繊維」を含む食材
----------------------------------------
【材料】(4〜5人分)
水 2 カップ
米 2 カップ
いりゴマ 大さじ 4 ★
芽ひじき 大さじ 2 ★
ちりめんじゃこ 20g〜40g
酢 大さじ 2
日本酒 大さじ 2
梅干し 1〜2個 ★
塩 小さじ 1
【カロリー】(1杯分)
295kcal

血糖値上昇・糖尿病予防の料理レシピ



posted by Brad Pitt at 18:36 | 東京 ☀ | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病 原因 食事 病院 口コミ・体験談
糖尿病の原因・・・インスリン抵抗性の原因はメタボ!?

糖尿病の原因というか、糖尿病になる過程として、インスリン抵抗性という状態を経ることが多いと言われています。

糖尿病の原因の一つである「メタボ」、「メタボリック」という言葉がブームになり、サラリーマンの間でも、一日に一回くらいはこの言葉を使ったのでは?・・・という時期もあったように思いますが、おかげで「ぽっこりお腹」が「メタボリック症候群」というりっぱな病であるとの認識も一気にひろまったんではないでしょうか?

その為もあってか、ここ最近、「インスリン抵抗性」にも注目が集まっています。
インスリン抵抗性」は、メタボ、肥満など、生活習慣病とも関係が深いと言われているからです。

インスリン抵抗性」とは、何らかの要因で、体内においてインスリンの効き目が弱くなってしまう現象、難しく言うと、体内の「インスリン感受性」が低下することです。

何らかの要因と言いましたが、2つの要因があると考えられています。
(1)遺伝的要因
(2)メタボ、肥満など生活習慣による要因

一般的に、糖尿病の原因と言われている要因ですよね。

インスリンは、食後、急激に増加する血液中のブドウ糖(血糖)を肝臓や筋肉に取り込むことで、血糖値を、体の各器官の害とならない適正な濃度にまで下げる働きをします。

で、メタボなどによって「インスリン抵抗性」が生じるとどうなるかと言いますと、
血糖を適正値まで下げようと、体内でインスリンを生産するすい臓のランゲルハンス島のβ細胞くんが、がんばるぞ!・・・と大量生産してがんばってくれるのですが、ついにはふんばりがきかなくなり、血糖値が高い状態が常態となってしまい、糖尿病が発症・・・となってしまうのです。

糖尿病の原因については、この「インスリン抵抗性」のメカニズムの研究が進むと、もっとはっきりとしたことが分かってくるんじゃないでしょうか?


posted by Brad Pitt at 00:09 | 東京 ☁ | 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。